生活保護 条件

生活保護を受けることができる病気〜精神病でも大丈夫?

病気を患うことによって働けない場合には生活保護を受けることができますが、そのような病気にはどんな病気があるのでしょうか?

 

 

ここでは実際に多くの人がある病気が原因で保護費の支給を認められた病気の代表的なものを紹介していきます。

 

 

特に代表的な例で言えばうつ病などがあります。

 

 

この病気はパッと見は普通に仕事ができるように見られることが多いですが、本人としては仕事が全く手につかない、集中などができないなどの見た目では分からない問題を抱えています。

 

こういう場合なども生活保護を受けることができるのでしょうか?

 

【スポンサードリンク】

 

 

答えは簡単で、うつ病は仕事が実質できないので、それが理由で生活保護を受けることは可能です。

 

 

その他、仕事ができない病気に分類されているもので精神分裂病、てんかん病、メニエール病、がんなどがあります。

 

 

ここで色々病気名をあげましたが、これらはあくまでも例であって結局はその病気を患っていることで働けるか?働けないか?ということが問題となってくるので、実質的にはもっとたくさんの病気が原因で生活保護を支給してもらえます。

 

 

以上のような比較的重い病気は「病気が原因で仕事ができない」と医師の診断書を書いてもらってそれをケースワーカーに提出することによって生活保護を受けることは可能です。

 

 

特に働かないといけない年代のお母さんや、独身で身寄りのない中年の男性などがこのようなケースで保護費を支給してもらっている場合があります。

 

ただし、病気であるということ以前に満たしておくべき条件があります。

 

ただし、病気で働けない場合に生活保護を受けるにも条件があってトップページの要件をまず全て満たしている必要があります。

 

 

もしも全ての条件を満たしている場合で、病気の場合は生活保護の審査に通るでしょう。

 

 

つまりまずはトップページの条件を自分が全部満たしているのかどうか確認しましょう。

 

 

あと、精神的な病気や、病気を患っていることがあまり他の人から見て分かりづらい場合などは「不当に生活保護をもらっているのではないか?」と怪しまれることがあるかもしれませんが、その場合は気にせず堂々と生活保護を受けていれば大丈夫です。

 

 

【スポンサードリンク】

 


母子家庭の場合 病気やケガの場合 収入が少ない人の場合