増え続ける生活保護費

増え続ける生活保護費、行政が調査した結果驚くべき悪質な業者のビジネスが存在していました。

生活保護費の受給額は年々増え続けていっていることが問題になっています。

 

その原因として、どのようなことがあるのか?行政が調査に乗り出した結果生活保護受給者を対象にした悪質なビジネスが増えてきているようで、そのことが原因なようです。

 

下の動画を見て下さい。

 

他人の生活保護費を悪用して、ビジネスチャンスに変えようとしている悪質な業者のためや、不正受給者のために、年々生活保護費が増えてきているんです。

 

手口はこうです。(みなさんも気を付けて下さい。)

 

街を歩いているといきなり車が止まって声をかけられて、これから衣食住困らないところをすぐに紹介してあげるよと声をかけられます。

 

その後、アパートに連れていかれ、衣食住が与えられます。悪質なのは、生活保護費を代理で申請すること。

 

業者が勝手に生活保護費を申請してしまい、更になんとアパートの家賃が生活保護費の家賃にかかる最大額の4万2000円に
設定されているんです。

 

その他食費や管理費等で4万円程度引かれます。

 

 

 

下の動画も同様の手口の生活保護費を利用したビジネスの内容です。↓

 

このような業者がいた場合に、声をかけられた場合には、絶対に無視をしてひょいひょいと連れていかれないようにして下さい。

 

ただでさえ行政予算を圧迫している生活保護費がこれ以上増えないようにこのようなビジネスを許さないようにしていきましょう。

 

 

【スポンサードリンク】

 


母子家庭の場合 病気やケガの場合 収入が少ない人の場合