生活費少ない 生活保護

働いていて、収入が少ない場合の生活費の受給について詳しく説明します。

年齢に関係なく、(若くてもということ)しっかりと働いている場合でも収入がその地域で定められている最低生活費の基準額(ケースによって金額は変わってきます。)よりも少ない場合には生活保護費を受けることができるんです。ちなみにこれは何度も言いますが、年齢に関係なくもらえます。働きざかりでも同じなんです。

 

一律に働ける人は生活保護は受けられないといった狭き門ではないんです。

 

その背景にはどう頑張ってもいい仕事につけない。収入が少ない人がいるからです。日雇いの仕事しか見つからない人だとどうしても収入が低くなってしまいますよね。

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

更に仕事を一生懸命探していても見つからない場合には生活保護を受けることができます。
例えば派遣切りにあって収入が激減して、仕事が見つからない場合は生活保護を申請して審査に通る場合があります。

 

ただし、あくまで審査に通った場合です。もちろんしっかりと自分は職探しをしているということを証明することができる必要があります。

 

 

上で紹介したどちらの場合にしても、世帯全体の収入が最低生活費を上回っていないこと、身内、親戚に援助者がいないことや、預貯金がない。

 

車や家などの資産がないことが条件です。

 

 

自分が生活保護を受ける条件を満たしているかどうかってどうやって調べますか?

 

ちなみに自分の収入が最低生活費よりも下回っているかどうか知りたい場合にはお住まいの地域の、役所の福祉課に聞くしか正確な金額は分かりません。

 

先ほども書きましたがこの最低生活費は、自分の置かれている状況によって変わってきます。

 

例えば、一人暮らしの人よりも、家族全員合わせてのほうが、生活費はいりますから最低生活費はどうしても高くなります。

 

ですので、まずはお近くの役場や市役所の福祉課に行ってあなたの条件での最低生活費はいくらかということを聞かれることをおすすめします。

 

【スポンサードリンク】

 


母子家庭の場合 病気やケガの場合 収入が少ない人の場合