生活保護 条件

働ける人が生活保護をもらっていた事例

働ける人でも生活保護をもらっていた事例があります。

 

1.自作自演の事故により入院をして、生活保護を受ける

 

ある人はなぜか半年に1回は引っ越しをしているのですが、その度に大きなケガをして入院するんです。

 

例えば、階段から落ちたり、車に惹かれたり。

 

当然働くことができなくなりますので、生活保護を受けることになります。

 

ただ、病気が治ってもある程度の間はまだ生活保護をもらえていますが、やはり完全に治ってしまえば生活保護は受けられなくなるようで、次の場所に引越してまた同じ自作自演の事故を起こして入院して、生活保護を受けざる負えない状態にしていたんです。

 

また、近くに住んでいるキリスト教の教会などに行ってものをもらったり、食べ物を食べさせてもらったりなど。

 

あらゆる面で人に頼って生活している人もいました。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

2例目 妻の精神障害を利用して、健康的に問題なく、働けるのに生活保護

 

現在は30代の男で、健康なのに生活保護を受けて生活している人がいます。

 

やり方としては、妻が精神障害を持っていて、夫婦で生活保護を受けるという方法を使っているようです。

 

看病のために一緒に家にいないといけないからという口実でお金をもらっているよう。

 

実は男性はもともとそれを狙ってこのような障害を持つ妻と結婚したようです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 


母子家庭の場合 病気やケガの場合 収入が少ない人の場合